競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 予想家泣かせ..G1「阪神JF」の「傾向と分析」

■ 阪神11R 阪神JF G1 2歳牝馬 1600m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「ジャパンCダート」の弊社予想結果は、


推奨馬6頭で1~5着のうち4頭を独占も、
なんと抜けた一頭が2着馬で、馬券はドボン<(_ _)>


◎ 6 ホッコータルマエ  3着
○ 12 ベルシャザール   1着
▲ 14 ニホンピロアワーズ 5着
△ 1 ローマンレジェンド 13着
× 4 エスポワールシチー 7着
  7 ブライトライン   4着


以下、成功後払い会員に配信した、そのレース回顧です


***  ここから


う~ん、残念!!


推奨馬6頭で1~5着のうち4頭を独占も、
なんと抜けた一頭が2着馬で、馬券はドボン<(_ _)>


せっかく、40%購入指示した、
弊社○印「ベルシャザール」が1着だったのに、


単勝1.9倍と圧倒的支持を集めた、
弊社も軸馬に推奨した◎印「ホッコータルマエ」が、
ゴール20m手前で差されて3着...


ちなみに、「ホッコータルマエ」の敗因ですが、


スローな展開にもかかわらず、
逃げた「エスポワールシチー」が、直線入って脚色が鈍り、


このため、


2番手で先行していた「ホッコータルマエ」が、
人気をかぶっていた分、幸騎手の焦りもあってか、


直線半ばで早めスパートして先頭に立った分、
後続2頭の追撃を防ぎきれなかったものです。


それにしても、2着に追い込んだ武豊騎手が恨めしいです(~_~;)


1~2着を、ズバリ◎→▲的中も、
馬券を落とした先週の「ジャパンカップ」に続き、


今週も、何故か的中馬券とは縁がありません...


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
2歳牝馬の頂上決戦G1「阪神JF」です。


その今年の有力馬は、


G2「ディリー杯2歳S」1着の「ホウライアキコ 」、
G3「ファンタジーS」2着の「モズハツコイ」、
G3「札幌2歳S」1着の「レッドリヴェール」、
G3「新潟2歳S」1着の「ハープスター」の4頭ですが、


他にも、OP特別2連勝中の「マーブルカテドラル」、
500万勝ちの「マジックタイム」「フォーエバーモア」
「ニホンピロアンバー」「アンズチャン」も怖いですし、


未勝利を卒業したばかりでも、
「インヴォーク」「ダイヤモンドハイ」や、
新馬勝ちの「ヴィンテージローズ」も煩わしく。


「1番人気馬は3頭連対と信頼度は低いですし、
3,4番人気が各3頭、8番人気が4頭も連対しており、
しかも7番人気を除き1~10番人気馬まで連対馬が出ている」


過去10年のデータからも、


今年も、一筋縄では収まらない、
予想家泣かせのレースになりそうです。


さて、今週もその「阪神JF」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「阪神JF」の分析に入ります。
分析対象は過去10年のデータです。


なお、阪神コースが7年前大改修されたため、
このレースも新コースで施行は今年が8年目、
それまでの過去データも検証し直しながら、
データ分析していきたいと思います。


1. 人気


1番人気 3回 2回
2番人気 1回 3回
3番人気 3回
4番人気 3回 1回 
5番人気 2回
6番人気 1回 1回
7番人気
8番人気 4回 1回
9番人気 1回
10番人気 1回 1回
12番人気   1回
15番人気 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気馬は3頭連対と信頼度は低いですし、
3,4番人気が各3頭、8番人気が4頭も連対しており、
しかも7番人気を除き1~10番人気馬まで連対馬が出ていることからも、
かなり波乱含みのレースと言ってよいでしょう。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  4頭
差し  9頭
追込  6頭


差し、追い込み有利です。


改修前と改修後の前後3ハロンのラップを比較しても、


改修前 35.1-36.3
改修後 34.7-35.2


と、前半の方が後半よりややペースが速いのは、
改修前と改修後で変わりがありません。


ちなみに、改修前と改修後で数字の絶対値が
大きく異なっているのは、改修後は馬場状態が
よいせいかタイムがでやすくなっているからです。


上記のデータから言えることは、脚質傾向に関しては、
過去データは有効だと言うことです。


改修後のここ7年は特に、
差し馬、追い込み馬有利の傾向が見られます。


また、改修後の1600m芝レースは、
向こう正面の2コーナー過ぎたあたりからスタートし、
最初のコーナーまでが440mの直線ですから、
改修以前のような枠順による有利不利はありません。


そして、外回りコースを使用するため、
2つあるコーナーのカーブも緩やかで、
4コーナーを回ってからゴールまでの直線が、
改修以前より120m長い470mもあります。


しかしゴール前の急な上り坂の高低差は、
以前と変わっていません。


3.前走


G2レース  3頭 1.1.0.1
G3レース  6頭 3.1.2.0
500万   6頭 4.2.0.0
未勝利   1頭 1.0.0.0
新馬    4頭 4.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、前走の着順です。


また、前走が着外1頭の着順を並べると、


G2レース 5着


前走条件としては、500万以上では3着以内、
新馬、未勝利では1着が連対条件です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
人気の観点からは、1~10番人気まで、大きな差はありません。
また、脚質では、差し、追い込みが有利です。
前走条件としては、、500万以上では3着以内、
新馬、未勝利では1着が連対条件です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。