競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 今年も波乱確実!? G1「マイルCS」の「傾向と分析」

■ 京都11R マイルCS G1 1600m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「エリザベス女王杯」の弊社予想結果は、
残念ながら、クビ差で不的中。


◎ 3 メイショウマンボ  1着
○ 9 ヴィルシーナ    10着
▲ 14 デニムアンドルビー 5着
△ 5 ホエールキャプチャ 6着
× 7 アロマティコ    3着
  1 オールザットジャズ 7着


*** 以下、成功後払い会員様に配信したレース回顧です


あ~ぁ、悔しい、クビ差で、馬連 3,630円馬券が、ゴミ箱行き(~_~;)


「過去10年で7頭の連対馬を出している、G1「秋華賞」1着馬ですし、
G1「オークス」も含めた、クラッシック二冠馬の、
3歳馬でいま一番勢いのある「メイショウマンボ」を、軸馬に推奨します。
「オークス」「秋華賞」と、クラッシック二冠を完勝した力は、
3歳の同世代では、一枚上ですし、
前走の「秋華賞」の勝ちタイムを比較しても、
他の世代の馬たちにも、引けを取りません。
それに、京都コースも、4戦 3.1.0.0と、
コース相性も抜群ですから、ここは、信頼の一手です。」


と、自信の軸馬に推奨した弊社◎印「メイショウマンボ」が、
やはり予想どおり完勝でしたね。


しかし、2着には、弊社無印ながら、競馬ブックが◎印を打っていた「ラキシス」。


この馬、前走の1000万レースで、
11.0→11.2秒の超ハイペースな流れのラスト2ハロンを、
楽々と抜け出し完勝していただけに、
弊社もかなり注目はしていたのですが、
過去10年のデータでは、前走1000万勝ちの馬の連対はゼロだったので、
あえて、過去データを優先した結果、弊社は無印に落としていました。


しかし、結果は、さすが競馬専門誌「競馬ブック」でした。


しかしながら、ゴール前の馬の勢いは、
弊社押さえの3着「アロマティコ」の方にあったので、
ゴールがあと50m長ければ、2、3着は逆転していましたから、


このレース、馬券を外したのは、
ツキがなかったとしか、言いようがありません。


しかし、今週を含むここ5週のうち3週で、


2週前、3週前の「天皇賞」「菊花賞」が、
推奨馬6頭で1~5着独占と、準パーフェクト予想、
4週前の「秋華賞」も推奨馬6頭で1~2着独占でしたから、


ここ最近のメーンレース予想(基本コースは終了しているので、
現在弊社が唯一ご提供している成功後払い予想対象レース)は絶好調ですから、
今週のクビ差負けの悔しさは、
来週のG1「マイルCS」馬券ゲットで、晴らす所存です(^-^)


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
1600mのマイル王決定戦G1「マイルCS」です。


その今年の「マイルCS」の有力馬ですが、


G3「富士S」1、2、4着の「ダノンシャーク」
「リアルインパクト」「リルダヴァル」の3頭に、


G2「毎日王冠」3、5着の「クラレント」
「ダークシャドウ」の2頭、


さらにが、G2「スワンS」1~4着の「コパノリチャード」
「ダイワマッジョーレ」 「サダムパテック」
「レッドオーヴァル」の4頭と、


G2「京都大賞典」3着に「トーセンラー」、
G2「府中牝馬S」2、4着の「ドナウブルー」
「マイネイサベル」の2頭と、


数え上げれば11頭と、有力馬多く混戦模様で、
今年も一筋縄では収まりそうもありません。


さて、今週もその「マイルCS」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「マイルCS」の分析に入ります。
なお、分析対象は現在の施行条件で実施された過去10年のデータです。


1. 人気


1番人気 7回
2番人気 1回 2回
3番人気 1回
4番人気 5回 1回
5番人気 2回 3回 
6番人気    1回
7番人気  
8番人気 1回 1回
9番人気
10番人気   2回
11番人気 1回
13番人気 1回
14番人気 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気馬は7頭連対と信頼度は高いです。
また4人気馬も5頭連対しており、大健闘です。
2着と3着はいつ入れ替わってもおかしくないので、
3着まで範囲を拡げてみれば、2~5番人気馬は、
ほぼ互角の実力と見て良いでしょう。


また、二桁台の人気薄の連対馬も3頭連対、
3着にも2頭入っており、波乱の可能性も十分です。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  7頭
差し  7頭
追込  5頭


差し、追い込み中心です。


「マイルCS」の京都1600m芝レースは、
坂の急な外回りコースが使用されます。


スタート地点は2コーナー奥のポケットにあり、
ここから900mの直線コース、
直線の途中から3コーナーにかけて急な上り坂があり、
坂を上りきった地点から今度は4コーナーにかけて、
急勾配の下り坂、最後の直線は平坦です。


騎手の立場でみたこのコースの難しさは、
3コーナーにかけての4.3mの上り坂と、
それから4コーナーにかけての名物の下り坂を、
どんな位置取りとペース配分で乗り切るかにあり、


通常、馬と騎手は6:4が相場ですが、
京都外回りのこのコースは、馬と騎手は4:6、
つまりリーディング上位の騎手騎乗馬を選ぶのが
的中率をあげるコツといえます。


また、枠順による有利不利も特にありません。


3.馬齢


3歳馬  5頭
4歳馬  8頭
5歳馬  5頭
6歳上  2頭


3歳~5歳馬が中心です。


4.牡牝


牡馬 16頭
牝馬  4頭


牝馬も侮りがたしです。


3.前走


G1レース 10頭 3.2.0.4
G2レース 6頭 1.0.0.3
G3レース 4頭 3.0.0.1


上記の数字は、左からクラス、
連対頭数、前走での着順です。


また、着外10頭の着順を並べると、


G1 6,6,7,8,9着
G2 5,7,8着
G3 9着


以上のデータから、連対馬の前走条件は、
少なくとも重賞レースに出走しており、1桁着順が必要です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点から言えることは、連対馬の基本は5番人気までが、
2桁の人気薄も要注意で、常に波乱含みです。
また、脚質では逃げ馬は不利で、差し、追い込み中心です。
牝馬も要注意です。
馬齢では、3~5歳馬中心です。
最後に前走条件は、重賞レースに出走しており、1桁着順が必要です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。