競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 昨年は馬連万馬券的中 (^0^) G3「新潟記念」の「傾向と分析」

■ 新潟11R 新潟記念 G3 2000m芝 ハンデ「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース、
G3「新潟2歳S」の弊社予想結果は、
弊社推奨馬6頭で、最先着が5着ですから、完敗でした。


なお、勝った「ハープスター」ですが、


直線ゴール前300m地点では、
まだ18頭立てのドン尻でしたが、そこからの追い上げ、
上がり3ハロン32.5秒の鬼脚で、ゴールでは2着に3馬身差の圧勝。


後方から、直線だけで前の馬をごぼう抜きして、
空中を駆けているような、
お父さんの「ディープ」のあの豪脚を思い出しました。


まだ少し気が早いですが、クラッシクを狙える逸材と言えそうですね。


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、G3「新潟記念」です。


昨年の「新潟記念」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~3着まで独占、
ボックス買いで、馬連 11,490円的中 (^0^)


◎ 17 トウカイパラダイス 9着
○ 18 スマートシルエット 6着
▲ 7 タッチミーノット  2着
△ 3 ナリタクリスタル  10着
× 9 アスカクリチャン  3着
  1 トランスワープ   1着


その「新潟記念」の今年の有力馬は、


前走がG3「七夕賞」2、6着の「トレイルブレイザー」
「ファタモルガーナ」の2頭に、


G3「小倉記念」4、6着の「ダコール」
「エクスペディション」の4頭ですが、


「1番人気は過去10年で連対馬は1頭だけですし、
1~10番人気までは、ほぼ互角の成績です。」


との、この「新潟記念」の、
過去10年の人気別連対馬データからもわかるように、


ハンデ戦だけに、波乱可能性大ですから、


1600万戦を2連勝中の「ニューダイナスティ」など、
条件戦を勝ち上がったばかり馬も伏兵資格十分です。


さて、今週もその「新潟記念」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのぐらいにして、「新潟記念」の分析に入ります。
なお、分析対象は新潟での過去10年のデータです。


1. 人気


1番人気 1回
2番人気 2回     
3番人気 3回 1回
4番人気 1回 2回  
5番人気 4回 
6番人気 2回 1回
7番人気 2回 1回 
8番人気    2回
9番人気 2回 1回
10番人気 1回 1回
12番人気   1回
14番人気   1回
16番人気 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気は過去10年で連対馬は1頭だけと、
信頼度は最悪ですし、
1~10番人気までは、ほぼ互角の成績です。


また、ハンデ戦らしく、3着まで視野を広げてみれば、
出走全馬に連対可能性があることがわかります。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  9頭
差し  9頭
追込  1頭


先行、差し馬が有利です。


この新潟2000m芝のスタート地点は、
2コーナー奥にあり外回りコースのため、
スタートしてからすぐ日本最長の660mの直線コースに入ります。
この長い直線で各馬それぞれのポジションに落ち着き、
4コーナー回ってまた660mの長い直線勝負となります。
こうしたコース形態のため、枠順の不利もありません。
なお、極端な逃げ、追い込み馬は割引です


3.馬齢


3歳馬 0頭
4歳馬 6頭
5歳馬 8頭
6歳馬 2頭
7歳上 4頭


4~5歳馬の活躍が目立ちますが、
6歳上の高齢馬も要注意です。


4.牡牝


牡馬 16頭
牝馬  4頭


牡馬が牝馬を圧倒している様に見えますが、
元々牝馬は出走頭数が少なく、出走頭数に占める連対率では、
牡馬10%に対し牝馬30%ですから、牝馬にも注意は必要です。


5.ハンデ


51k 2頭
52k 2頭
53k  
54k 1頭
55k 6頭
56k 6頭
56.5k 1頭
57k 1頭
57.5k 1頭


軽重にかかわらず連対していますが、
55~56kの連対馬が特に多いです。


6.前走


G3レース 16頭 2.2.3.9
1600万  2頭 2.0.0.0
1000万  2頭 2.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、
前走の着順です。


着外馬9頭の着順は、4,4,5,5,6,10,12,12,15着です。
前走が条件戦の場合は、1着が必要条件ですが、
G3レースの場合は、2桁着順でもOKです。


◆ 結論


以上の分析から連対馬の条件をまとめると、
人気の観点からは1番人気は信頼できませんし、
ハンデ戦だけに、出走全馬に連対可能性があり、かなり波乱含みです。
脚質は、先行、差し中心です。
馬齢では4~5歳馬中心ですが、6歳上の高齢馬も要注意です。
牝馬にも注意が必要です。
ハンデ別では、55~56kが中心です。
前走が条件戦の場合は、1着が必要条件ですが、
G3レースの場合は、2桁着順でもOKです。


★ 弊社SR競馬クラブの推奨馬は宝の山、


あなたの使い方次第で、小判がザクザク(^-^)


ご入会は → ご入会案内


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。