競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 今年も難解!!G3「新潟2歳S」の「傾向と分析」

■ 新潟11R 新潟2歳S 2歳 G3 1600m芝


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース、
G2「札幌記念」の弊社予想結果は、
当たったのは、馬場状態だけ、完敗でした。


◎ 11 ロゴタイプ     5着
○ 5 トーセンジョーダン 13着
▲ 3 ルルーシュ     15着  
△ 16 アイムユアーズ   4着 
× 14 トウケイヘイロー  1着
  2 オールザットジャズ 6着


以下、弊社有料「基本コース」で配信したレース回顧です。


*** ここから


当たったのは、馬場状態だけ、完敗でした<(_ _)>


昨日の予想の冒頭で、


「このレース、馬券的中の鍵は、明日の馬場予測にかかっています。
弊社の馬場見込みは、雨を見越した重馬場です。
重馬場ベタの前日オッズ2番人気の「トウケイヘイロー」を、
×印評価にしたのがどう響くか、明日のレースが楽しみです」


と、書いていたように、


レース前には、重馬場まで馬場状態が悪化していたので、


昨日の予想の中でも触れていたように、


「やや重で3戦、3、8、11着、重馬場でも10着と、
データから判断して、柔化馬場はからっきしダメな」、


「トウケイヘイロー」を×印評価に落としたのは大正解と、
内心ほくそ笑んでいたのですが、


ところがなんと、なんと、勝ったのは、


意に反して、その重馬場ベタなはずの「トウケイヘイロー」で、
しかも2着に6馬身差を付ける大楽勝でした...


このレースの良馬場での平均勝ちタイムが、1分58~59秒に対し、
今日の勝ちタイムは、
それより8秒も遅い2分06秒5だったことでもわかるように、
重どころか、不良馬場でしたから、


そんな中で、圧勝した「トウケイヘイロー」の、
重馬場ベタの過去データは、一体なんだったのでしょう?


それとは、逆に、


「ダートは上手いとミルコ騎手が言っていたそうで、
それで、ダートの「全日本優駿」に
出走するプランがあったくらいですから、
おそらく、重たい洋芝も柔化馬場も、こなすはずです。」


と、「トウケイヘイロー」から乗り換えた、軸馬◎印「ロゴタイプ」は、
直線見所なく、5着どまりでしたから、


レースが終わったときは、ただもう、放心状態でした(~_~;)


ちなみに、1~6着馬の前走が、


1着 G3「函館記念」1着
2着 G3「函館記念」3着
3着 G3「函館記念」2着
4着 G3「クイーンS」1着
5着 G1「ダービー」5着
6着 G3「クイーンS」3着


と、いつも弊社が推奨馬6頭を選出する際に重視している、
「札幌記念」の過去10年で2頭以上連対馬を出している前走レース、


G3「函館記念」  4頭
G3「クイーンS」 4頭
G1「ダービー」  2頭


に全て合致していたのも、皮肉な話ですね。


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、G3「新潟2歳S」です。


その「新潟2歳S」の今年の有力馬は、


OP特別「ダリア賞」1~5着の「マキャヴィティ」
「マイネグラティア」「デスティニーラブ」
「アポロスターズ」「ユールドゥー」の5頭ですが、


新潟2歳S」の過去10年の連対馬データでは、
前走が、未勝利勝ちが5頭、新馬勝ちが9頭と、
連対馬20頭の内70%を、新馬、未勝利勝ちが占めているので、


上記有力馬5頭で、1~2着が決まるとは、とても考えづらく、
2桁人気馬が6頭も連対していることからも、出走全馬に優勝のチャンスがあり、


今年も、予想屋泣かせの、難解なレースになりそうです。


さて、今週もその「新潟2歳S」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのぐらいにして、「新潟2歳S」の分析に入ります。
なお、分析対象は新潟で施行された過去10年のデータです。


1. 人気


1番人気 7回
2番人気 3回 1回     
3番人気 2回 1回
4番人気 2回 1回 
5番人気    1回 
6番人気
7番人気  
8番人気    1回
9番人気 1回 3回
10番人気 2回 1回
11番人気 1回
15番人気 2回
16番人気 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気は過去10年で7頭連対と、信頼度は高いですが、
一方では、2桁人気が6頭も連対馬しており、かなり波乱含みです。


2.脚質


逃げ   0頭
先行   6頭
差し   9頭
追い込み 5頭


差し、追い込み馬中心です。
特に、追い込み馬は要注意です。


新潟1600m芝コースは、向こう正面半ばにスタート地点があり、
最初の3コーナーまでは550mで、
向こう正面途中から2mの緩やかな上り坂があり、
そこから4コーナーまで下り坂で、
最後は平坦で日本最長の600mの直線勝負が待っています。
展開は、平均ペースで、最後は瞬発力勝負になります。
脚質では、逃げ馬はかなり厳しく、Aコースでは先行~差しが互角、
Bコースでは差し馬が圧倒的に優勢です。
この傾向は上記データにも現れていますね。


3.牡牝


牡馬 10頭
牝馬 8頭


牡牝馬は互角です。


4.前走


OP特別 6頭 3.1.1.1
未勝利 5頭 5.0.0.0
新馬  9頭 9.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、
前走の着順です。


着外馬はOP特別の1頭だけで、その着順は6着です。 
前走別の連対条件は、新馬、未勝利では1着です。


◆ 結論


以上の分析から連対馬の条件をまとめると、
まず、人気の観点からは、
1番人気中心も、2桁人気馬も要注意です。
脚質別では、差し、追い込み馬が有利です。
牡牝馬は互角です。
また、前走別の連対条件は、新馬、未勝利では1着です。


★ 弊社SR競馬クラブの推奨馬は宝の山、


あなたの使い方次第で、小判がザクザク(^-^)


ご入会は → ご入会案内


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。