競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ これで2連勝!! G1「天皇賞」の「傾向と分析」

■ 京都11R 天皇賞 G1 3200m芝 「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース、
G2「フローラS」の弊社予想結果は、推奨馬6頭で1~2着独占。


これで、この「傾向と分析」対象レースは、
先週の「皐月賞」に続き、2週連続の的中(^-^)


◎ 10 エバーブロッサム  2着
○ 11 セキショウ     9着
▲ 12 デニムアンドルビー 1着
△ 15 ロジプリンセス   10着
× 18 テンシンランマン  4着
  7 ナンヨーユナ    7着


*** 以下、弊社有料「基本コース」で配信したレース回顧です。


このレースは、推奨馬6頭で1~2着独占、
馬連 870円的中、
購入比率20%指示で回収率は174%。


「なお、前走G3「クイーンC」2、3着の「スイートサルサ」
「イリュミナンス」の2頭は、
前日のオッズで1,4番人気とかなり人気を集めていますが、
今回は消します。
その根拠は、2頭ともに、これまで1600mしか経験がなく、
一気に400m伸びた今回の2000m未体験は、かなりハンデですし、
その証拠に、前走に1600m戦のG3「クイーンC」に参戦した馬は、
過去10年で連対ゼロ、3着に1頭がやっとだからです。」


と、当日オッズで3、4番人気の2頭を消したのも正解でしたし、


「過去10年で4頭の連対馬を出している、G3「フラワーC」2着馬です。
その「フラワーC」が圧巻で、
終始、距離ロスのある大外を通り、
4コーナーから直線入口にかけても、最外から追い込んで、
ゴール前は、メンバー最速の末脚で、
勝ち馬にハナ差の2着に迫ったところがゴールでした。
中山で見せたあの脚質は、明らかに東京コース向きですから、
今回の東京2000m芝は願ってもない条件で、
ゴール前は勝ち負け期待は十分です。
ただ心配は、大トビだけに、東京コースは合うものの、
渋った馬場がどうか不安が残ります。
ですから、馬場が重以上に悪化するようなら、黄信号です。」


と、自信の軸馬に推奨した「エバーブロッサム」が、
2着に甘んじたのも、やや重馬場が原因も予測の範囲内でしたし、


唯一の予定外は、弊社押さえの「テンシンランマン」が、
ゴール寸前でハナ差で4着に沈んだことくらいで、


このレース、ほぼ弊社の予想どおりに運んだのは、
弊社独自データ分析の信頼の証です(^-^)


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、G1「天皇賞」です。


その今年の「天皇賞」の有力馬ですが、


前走が、G2「阪神大賞典」1~2着馬の「ゴールドシップ」
「デスペラード」の2頭に、


G2「日経賞」1~3着馬の「フェノーメノ」
「カポーティスター」「ムスカテール」の3頭です。


また、今年は、4歳馬「ゴールドシップ」と「フェノーメノ」2頭の
一騎打ちのムードが漂っていますが、


昨年あの三冠馬「オルフェーブル」が、
単勝1.3倍の圧倒的1番人気を裏切って、11着に惨敗したように、


この春の「天皇賞」、過去10年で1番人気は、
なんとたった1頭しか連対していませんし、


2桁人気馬が6頭も連対している、大波乱の可能性十分のレースですから、


今年も、一筋縄では収まりそうもありません。


さて、今週もその「天皇賞」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、
それでは、「天皇賞」の「傾向と分析」にはいります。
なお、分析対象は過去10年のデータを使用します。


1. 人気


1番人気 1回 2回 
2番人気 4回 1回
3番人気 3回
4番人気 3回 2回 
5番人気    3回     
6番人気 
7番人気 2回 
8番人気 1回 1回
9番人気 
10番人気 1回
11番人気 1回
12番人気 1回
13番人気 1回
14番人気 2回
16番人気    1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


過去10年の連対馬20頭のうち11頭を、
1番~4番人気馬で占めており、
一見平穏ムードのレースのように見えますが、
1番人気馬の連対は1頭のみですし、
2桁人気馬も6頭が連対しており、
実際はかなり波乱含みのレースです。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  8頭
差し 10頭
追込  1頭


連対馬は、先行、差し馬に集中しています。


京都3200m芝は2コーナー付近からスタートし、
3コーナーまでは直線です。
しかも直線の途中から3コーナーまでは上り坂ですし、
長距離戦のためペースもスローとあって、
出走各馬はそれぞれの脚質でのポジションを確保できるため、
枠順の有利不利はありません。
その後、外回りコースを2周し、スローペースのまま、
3コーナーから4コーナーへの京都名物の急なアップダウンの坂を経て、
最後の直線に勝負は持ち越されます。
3200mの長距離戦だけに、馬がかかればはおしまいで、
道中、馬をいかになだめながら、
最後の直線での勝負に脚を残しておくか、
普段以上に騎手の腕が問われるレースです。


3.馬齢


4歳   8頭
5歳   6頭 
6歳   4頭
7歳上  2頭


4歳馬が8頭で、最右翼に見えますが、
ここ5年間の連対馬10頭のうち4歳馬は2頭だけで、
残る8頭は5歳4頭6歳3頭7歳1頭ですから、
実際には馬齢による差はなく、最近は5~6歳馬が活躍しています。


4.前走


G1レース  1頭 0.1.0.0
G2レース 17頭 6.4.2.5
OP特別   2頭 1.0.1.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、
前走の着順です。


なお、着外5頭の着順は、6,7,10,10,10着。


このレースの連対馬の前走条件は、
前走がG2レース以上で着順は10着までです。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず人気の観点からは、1番人気馬が信頼度低く、
2桁人気以下の人気薄台頭の可能性も十分です。
脚質では、先行、差しタイプが有利です。
馬齢による差はありません。
最後に前走条件ですが、連対馬の前走条件は、
前走がG2レース以上で、着順は10着までです。


★ 弊社SR競馬クラブの推奨馬は宝の山、


あなたの使い方次第で、小判がザクザク(^-^)


ご入会は → ご入会案内


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。