競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 「きさらぎ賞」1~6着完全独占!!G3「共同通信杯」の「傾向と分析」

■ 東京11R 共同通信杯 G3 1800m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース、
G3「きさらぎ賞」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~6着完全独占も、
福永騎手の作戦ミスに泣きました(~_~;)


◎ 7 アドマイヤドバイ  3着
○ 1 バッドボーイ    4着
▲ 9 ラストインパクト  6着
△ 3 タマモベストプレイ 1着
× 4 クラウンレガーロ  5着
  2 マズルファイヤー  2着


以下、弊社有料「基本コース」会員様に配信したレース回顧です。


*** ここから


「軸馬は、8頭立て5番人気と人気がありませんが、
7番「アドマイヤドバイ」を推奨します。
ここ4年連続連対している500万「福寿草特別」の2着馬です。
しかも勝ち馬とは僅かにハナ差でした。
その「福寿草特別」の4年連続連対した4頭の走破タイムと、
「アドマイヤドバイ」の走破タイムを比較してみると、


・「アドマイヤドバイ」


2.01.4


・連対4頭


2.00.8
2.01.1
2.01.6
2.02.4


と、「アドマイヤドバイ」の走破タイムは、
連対4頭の3番目、ちょうど真ん中ですね。
ということは、連対可能性は十分。
しかも鞍上が、
リーディングジョッキーをひた走る福永騎手ですから、
さらに連対可能性は高まります。」


と、5番人気(当日は3番人気)でも、
自信の軸馬に推奨した「アドマイヤドバイ」でしたが、
その敗因は明らかに、福永騎手の騎乗ミスです。


ハイペースの展開を見越して、軸馬「アドマイヤドバイ」を
スタートから直ぐに後ろに下げて、
直線の末脚勝負の作戦にでた福永騎手、


実際のレースは、
1、2着馬が1、3番手に先行した馬だったことからも、
わかるように、展開は超スローペースでした。


直線向いて追い込んだ「アドマイヤドバイ」、
直線半ばの脚色はメンバー一番でしたが、
ゴール前では1、2着馬と同じ脚色で、2着から2/3馬身差の3着。


このレースの「アドマイヤドバイ」3着は、
馬の能力ではなくて、福永騎手の作戦ミスと言わざるを得ません。


スタートもよかったので、普通に乗っていれば、
十分2着はあったはずですから、
取れていた惜しい馬券を落としてしまいました(~_~;)


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、G3「共同通信杯」です。


その昨年の「共同通信杯」の弊社予想は、
推奨馬6頭で1~3着独占。


◎ 2 ディープブリランテ 2着
○ 3 ゴールドシップ   1着
▲ 11 エネアド      6着
△ 8 スピルバーグ    3着
× 10 アーカイブ     9着
  9 コスモオオゾラ   5着


さて、その今年の「共同通信杯」の有力馬ですが、


G1「朝日杯」3着の「ゴットフリート」と、
G3「ラジオN杯2歳S」6着の「ラウンドワールド」の2頭ですが、


他にもG3「京成杯」3~5着の「ケイアイチョウサン」
「クロスボウ」「マイネルマエストロ」や、
500万勝利したばかりですが、「マンボネフュー」の一発も怖いです。


さて、今週もその「共同通信杯」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「共同通信杯」の分析に入ります。
なお、分析対象は今回と施行条件が同じ過去10年のデータです。


1. 人気


1番人気 7回 1回
2番人気 4回
3番人気 2回 2回
4番人気 1回 2回 
5番人気 3回 2回     
6番人気 2回 1回
7番人気 1回  
8番人気
9番人気    1回
11番人気    1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


上記のデータからわかることは、
1番人気が10年で7連対とかなりの信頼度です。
また、平均13頭立てで連対馬は7番人気以内ですから、
まずまずの平穏傾向と言えそうです。


2.脚質


逃げ  3頭
先行  9頭
差し  7頭
追込  1頭


最近は逃げ、先行馬の活躍が目立ちます。


この東京1800m芝レースは、
1、2コーナーの間の引込み線からのスタートになります。
最初のコーナーまで距離は短いですが、
その後は約500mの長い直線があるため、
レースは平均ペースで進むためこの間に、
各馬それぞれ無理なく脚質に応じた
ポジションを占めることが出来ます。
また、4コーナー回ってからも長い直線勝負が待っているので、
各馬の力を出し切れるフェアーなコース形態と言えます。
なお、枠順による有利不利はありません。


3.前走


G1レース 4頭 1.1.2.0
G3レース 8頭 2.3.1.2
OP特別  5頭 3.2.0.0
500万   3頭 3.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、前走の着順です。


着外2頭の着順は、


G3レース 4頭 4,5着


以上のデータから、「前走」の連対条件は、
G3以上の重賞の場合でも、
掲示板には載っていないと連対は厳しいといえそうです。
OP特別以下では、2着以内が連対条件です。


5.キャリア


1戦   0頭
2戦   2頭
3戦   4頭
4戦   8頭
5戦   4頭
6戦以上 2頭


上記の数字は、連対馬の実戦数です。
1,2戦のキャリアでは苦戦、3戦以上の経験が連対に必要です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点からは、1番人気の信頼度が高いため、
1番人気を中心に7番人気までに連対可能馬は絞るべきです。
脚質別では、逃げ、先行が、やや有利です。
また、キャリアは3戦以上が必要です。
前走条件としては、前走がOP特別以下の場合は2着以内、
重賞レースの場合でも、5着以内です。


★ 弊社SR競馬クラブの推奨馬は宝の山、


あなたの使い方次第で、小判がザクザク(^-^)


ご入会は → ご入会案内


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。