競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ そろそろ波乱が...G2「アメリカJCC」の「傾向と分析」

■ 中山11R アメリカJCC G2 2200m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース、
G2「日経新春杯」の弊社予想結果は、


このレース、10番人気の人気薄が勝って、
やはり予告どおり荒れましたね。
弊社も、軸馬に6、12番人気の人気薄2頭を配し、
高配をねらい打ちしたのですが、
残念ながら、勝ったのは同じ人気薄でも別馬でした(~_~;)


◎ 5 カルドブレッサ   4着
○ 6 サトノパンサー   14着
▲ 14 ダコール      10着
△ 1 ムスカテール    2着
× 15 オールザットジャズ 12着
  7 メイショウウズシオ 15着


以下、弊社有料「基本コース」会員様に配信したレース回顧です。


*** ここから


推奨馬6頭で2、4着で、馬券はドボン<(_ _)>


ところで、このレース、10番人気の人気薄が勝って、
やはり予告どおり荒れましたね。


弊社も、軸馬に6、12番人気の人気薄2頭を配し、
高配をねらい打ちしたのですが、


残念ながら、勝ったのは同じ人気薄でも別馬でした(~_~;)


ちなみに、4着に沈んだ弊社自信の軸馬◎印「カルドブレッサ」ですが、


ゴール前の脚色は一番でしたから、
グリーンベルトの芝状態のいい内柵沿いを突いていれば、
おそらく勝ち馬との1馬身半の差は逆転していたと思います。


素人が見ても、内外の芝状態の差は明らかでしたから、
それでいて、なぜわざわざ不利な外側を選んで追い込むのか、
私には、幸騎手がごちゃつく内側を突く勇気がなかっただけに思えましたが、
そんな感想を持ったのは私だけでしょうか?


もちろん、1着馬は、弊社ノーマークでしたから、
いずれにしても、馬券は外していましたから、
偉そうなことは言えませんが...

*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、G2「アメリカJCC」です。


ちなみに、昨年の「アメリカJCC」の弊社予想は、
推奨馬6頭で1~3着独占しました。


◎ 3 ルーラーシップ  1着
○ 9 ゲシュタルト   3着
▲ 8 リッツィースター 10着
△ 2 ネヴァブション  7着
× 4 ナカヤマナイト  2着
  6 トーセンレーヴ  5着


その、今年の「アメリカJCC」の有力馬ですが、


前走がG1「有馬記念」7、8着の「ナカヤマナイト」
「ルルーシュ」の2頭に、
G2「金鯱賞」3、8着の「アドマイヤラクティ」
「ダノンバラード」の2頭を加えた4頭ですが、


前走のG1「天皇賞」17着惨敗も、その前2走では、
G3「函館記念」「新潟記念」を連勝した「トランスワープ」や、
昨年のこの「「アメリカJCC」3着の「ゲシュタルト」、
前走で1600万を勝ったばかりの「サトノアポロ」など、


伏兵陣も多彩ですから、


過去10年の連対馬20頭のうち18頭が6番人気以内と、
例年平穏なこのレースですが、


今年は、そろそろ波乱があっても驚けません。


さて、今週もその「アメリカJCC」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「アメリカJCC」の分析に入ります。
なお、分析対象は中山で施行された過去10回のデータです。


1. 人気

1番人気 4回
2番人気 6回 1回
3番人気 3回 2回
4番人気 1回 2回 
5番人気 3回 1回    
6番人気 1回 2回
7番人気    1回
8番人気    1回
9番人気 2回


上記の数字は、左から、人気順位、
連対回数、3着の回数です。


1番人気の連対率は40%と信頼度は低めですが、
2,3番人気の連対率は各60、30%と高率ですし、
また過去10年の連対馬20頭のうち18頭が6番人気以内で、
平均出走頭数12頭から考えても、非常に平穏なレースと言えます。


しかし、9番人気が2頭連対していますし、
3着馬10頭のうち6~9番人気から4頭がでていますから、
常に波乱含みのレースでもあります。


2.脚質


逃げ 4頭
先行 6頭
差し 8頭
追込 2頭


脚質による大きな差はありません。


中山2200m芝はコーナーの緩やかな
外回りコースが使用されます。


4コーナー付近からスタートして、
ゴール前の急な上り坂のある300mの直線を経て、
4つの緩やかなコーナーを回って、
最後にはまたJRA最大の急な上り坂が待っています。


こんなスタートから急な上りのあるコース形態のため、
過去10年では前半の1000mは後半のそれより2秒も遅い、
スローペースでレースは進行しています。


外回りの緩やかなコース形態とスローペースが原因してか、
以下の枠順別連対馬のデータを見てもわかるように、
過去10年では1,2枠の内枠不利の傾向がみられます。


1枠 1頭
2枠 0頭
3枠 4頭
4枠 2頭
5枠 3頭
6枠 4頭
7枠 4頭
8枠 2頭


3.馬齢


4歳馬  6頭
5歳馬  5頭
6歳馬  1頭
7歳馬上 8頭


7歳以上の高齢馬の活躍が目立ちます。
特にここ5年の連対馬10頭のうち7頭が6歳以上ですから、
今年も高齢馬には要注意です。


4.牡牝


牡馬 20頭
牝馬  0頭


過去10年で牝馬の連対はゼロですが、
そもそも出走頭数が7頭と少なく、
牝馬不利と結論づけるにはデータ不足です。


5.前走


G1レース 8頭 0.0.1.7
G3レース 9頭 1.1.2.5
OP特別  1頭 1.0.0.0
1600万  2頭 2.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、
連対頭数、前走の着順です。


着外13頭の着順は、


G1レース   7頭 4,4,5,5,6,9,12着 
G3レース   5頭 5,5,8,11,18着


以上のデータから前走の連対条件は、
重賞レースでは基本は6着以内も、
2桁着順が3頭でており、大敗後の巻き返しには要注意です。
しかし、OP特別以下では、1着が連対条件です。


◆ 結論


以上の分析から連対可能馬の条件は、
人気の観点からは一応6番人気までが連対条件ですが、
波乱含みのレースでもあります。
脚質条件からは、特に有利不利はありません。
馬齢では7歳以上の高齢馬の活躍が目立ちます。
前走条件としては、重賞レースは基本は6着以内も、
2桁着順が3頭でており大敗後の巻き返しには要注意です。
しかし、OP特別以下では、1着が連対条件です。


★ 弊社SR競馬クラブの推奨馬は宝の山、


あなたの使い方次第で、小判がザクザク(^-^)


ご入会は → ご入会案内


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ


**************************************************************


人気の競馬予想ソフトなら → 本気で馬券で稼ぎたい.com

**************************************************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。