競馬予想はSR競馬クラブ
弊社「SR競馬クラブ」の 有料会員向けの、競馬予想情報の一部を配信しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR競馬クラブ 最後の情報配信となります..G1「有馬記念」の「傾向と分析」

■ 中山10R 有馬記念 G1 2500m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


最初にお断りしておきますが、
弊社サイト http://sr-keiba.com/ でもお知らせしておりますように、
今週の「有馬記念」をもって、
競馬情報の配信を終了させていただきますので、
あらかじめご承知おきください。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「朝日杯FS」の弊社予想結果は、


1→2着を○→▲で的中も、
肝心の軸馬◎印「アトム」が5着に敗退で、馬券はドボン(~_~;)


◎ 3 アトム       5着
○ 6 アジアエクスプレス 1着
▲ 11 ショウナンアチーヴ 2着
△ 4 マイネルディアベル 4着
× 13 プレイアンドリアル 7着
  1 ベルカント     10着 


以下、成功後払い会員様に配信した、そのレース回顧です。


*** ここから  


オーマイゴッド!!


推奨馬6頭で、1~5着のうち4頭(3着除く)を独占しましたし、


馬単 13,000円の万馬券と荒れたこのレースも、
弊社は1→2着を○→▲で的中。


しかし、弊社予想の馬券は、その1、2着馬に各30%購入指示も、


肝心の軸馬◎印「アトム」が、スタートで出遅れ、
その不利を取り返すために、
スタートから一気に先行集団に取り付くために使った無理脚が、
最後のゴール前の叩きあいに影響し、
5着に敗れてしまい、馬券はドボン(~_~;)


これは、結果論ですが...


1、2着馬が、
道中ずっと後方で脚を貯めていた2頭でしたから、


スタートで出遅れた「アトム」も、


無理に先行集団に取り付かないで、最後の直線に勝負をかけて、
末脚を温存していれば、
ゴール前は、勝ち負けに加わっていた可能性は高いだけに、


今日もツキがなかったかなぁ、というのが正直な感想です。


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
世代を超えて最強馬を決めるG1「有馬記念」です。


その昨年の「有馬記念」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~5着独占と、準パーフェクト予想でした。


◎ 3 スカイディグニティ 5着
○ 13 ゴールドシップ   1着
▲ 2 エイシンフラッシュ 4着
△ 9 ルーラーシップ   3着
× 6 オーシャンブルー  2着
  15 ナカヤマナイト   7着


その今年の「有馬記念」の有力馬ですが、


3歳の有力馬や「ジュンティルドンナ」が不参加のここでは、


なんといっても、
2年連続G1「凱旋門賞」2着の「オルフェーヴル」です。


あとは混戦で、


G1「ジャパンC」10、15着惨敗からの巻き返し十分の、
「エイシンフラッシュ」「ゴールドシップ」、
G1「ジャパンC」4着の「アドマイヤラクティ」の3頭辺りです。


ただし、「2桁人気も2頭連対していますし、
8、12番人気を除き1~14番人気まで、
すべて3着以内に少なくとも1頭は入っている」


過去10年のデータからも、


3歳馬G1「菊花賞」8着の「タマモベストプレイ」や、
そしてG2「金鯱賞」1着の「カレンミロティック」あたりが、     
台頭してくる可能性は十分あります。


さて、今週もその「有馬記念」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「有馬記念」の分析に入ります。
分析対象は過去10年のデータです。


1. 人気


1番人気 9回
2番人気 2回 1回
3番人気 1回 2回
4番人気 2回 
5番人気 1回     
6番人気 1回 2回
7番人気 1回
8番人気
9番人気 1回 2回
10番人気 1回 1回
11番人気   1回
14番人気 1回 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


過去10年で1番人気の連対馬は9頭ですから、
圧倒的な信頼度です。


しかし、2桁人気も2頭連対していますし、
8、12番人気を除き1~14番人気まで、
すべて3着以内に少なくとも1頭は入っており、
ヒモ荒れの可能性の高い波乱含みのレースです。


2.脚質


逃げ  2頭
先行 10頭
差し  3頭
追込  5頭


先行馬有利の傾向ですが、脚質による大きな差はありません。


レースの流れ、つまり展開ひとつで、
脚質の有利不利が変わります。


このレースは、3コーナー手前からスタートし、
内回りコースを一周します。直線は310mと短いですが、
ゴール前には急勾配の上り坂が待っています。


このレースのポイントは、スタートしての最初の3コーナー、
4コーナーをどういったポジションで回るかです。
内回りだけにコーナーリングもきつく、
しかも右回りばかり6箇所もコーナーがあるので、
スタートして最初のコーナーで内側のポジションを取れないと、
ずっと外側を回ることになり、非常に距離ロスが生じます。


言い方を変えると、最初のコーナーリングで、
勝負は半分ついてしまいます。


ですから、レースのねらい馬は、
スタートが良くてダッシュ力のある先行馬と、
少々後ろのポジションでも内側でじっと我慢して、
最後の直線で先行馬を捕られるだけの末脚のある
差し、追い込み馬です。


なお、枠順別連対馬は、


1枠 3頭
2枠 2頭
3枠 4頭
4枠 4頭
5枠 2頭
6枠 1頭
7枠 1頭
8枠 3頭


基本的には、コース形態から6~8枠の外枠が不利です。
8枠は3頭連対していますが、このうち2頭は5年前の1,2着です。


3.馬齢


3歳  8頭
4歳  8頭
5歳  2頭
6歳  0頭
7歳上 2頭


3,4歳馬が圧倒しています。


4.牡牝


牡馬 16頭
牝馬  4頭


牝馬の連対は、一昨年まで4年連続の4頭で、
「ダイワスカーレット」と「ブエナビスタ」が、
それぞれ2年連続連対しています。
上記2頭レベルの超一流牝馬なら、連対可能ということですね。


5.前走


G1レース 19頭 7.4.3.5
G2レース  1頭 1.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、
連対頭数、前走の着順です。


着外6頭の着順は、
G1レース 6,8,12,15,17着
です。


以上のデータから、「前走」の連対条件は、
前走がG1レースで、しかも3着以内が基本ですが、
2桁着順も3頭おり、波乱含みです。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点からは1番人気馬が中心も、
2桁の人気薄の台頭の可能性もある波乱含みのレース。
脚質条件には、先行有利も、大きな差はありません。
馬齢では3,4歳馬が圧倒しています。
牝馬は、超一流牝馬は要注意です。
前走条件としては、G1レースで3着以内が基本ですが、
2桁着順も3頭おり波乱含みです。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ
スポンサーサイト

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

SR競馬クラブ 今年も伏兵多し!!G1「朝日杯FS」の「傾向と分析」

■ 中山11R 朝日杯FS G1 1600m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「阪神JF」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~3着独占も、
肝心の軸馬が7着に敗退で、馬券はドボン。


◎ 18 ホウライアキコ  7着
○ 10 ハープスター   2着
▲ 7 マジックタイム  6着
△ 6 フォーエバーモア 3着
× 8 レッドリヴェール 1着
  16 モズハツコイ   8着


*** 以下、成功後払い会員様に配信したレース回顧です


推奨馬6頭で1~3着独占も、


肝心の軸馬「ホウライアキコ」が、
7着に敗退で、馬券はドボン<(_ _)>


その「ホウライアキコ」の敗因は明らかで、


パドックから、返し馬まで、ずっとイレコミみ、
レース直前には、発汗と、体調不良だったことです。


この興奮状態が続いていたことで、
レースまでにスタミナが奪われたために、


ゴール前の急な上がり坂での踏ん張りが効かず、
勝負どころで、いつもの二枚腰が見られませんでした。


単勝1.8倍と圧倒的人気の「ハープスター」が、
2着止まりだっただけに、


軸馬「ホウライアキコ」が万全の体調で出走していたなら、


1着の「レッドリヴェール」とのワンツーで、
馬連 2,380円、購入比率20%指示で、回収率476%の馬券も、
ゲットしていた可能性も十分ですから、


ツキがなかったとしか、言い様がないですね(~_~;)


*** ここまで



さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
牡馬2歳チャンプを決めるG1「朝日杯FS」です。


その今年の有力馬ですが、


前走が、G3「東京S杯2歳S」2着の「プレイアンドリアル」、
G2「ディリー杯2歳S」2着の「アトム」、
G2「京王杯2歳S」4、6着の「マイネルディアベル」
「モーリス」の合計4頭ですが、


500万条件勝ちしたばかりながら、
「ウインフルブルーム」「ショウナンワダチ」
「ショウナンアチーヴ」の3頭にも、
十分勝つチャンスがあります。


さて、今週もその「朝日杯FS」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「朝日杯FS」の分析に入ります。
分析対象は過去10年のデータです。


1.人気


1番人気 4回 4回
2番人気 5回 1回 
3番人気 2回 1回
4番人気 3回 1回 
5番人気 3回 1回     
6番人気 
7番人気 2回   
8番人気    1回
9番人気
10番人気 1回 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気馬は連対4頭3着にも4頭と、信頼度はいまいちですが、
2番人気馬が5頭連対と、健闘しています。
また、10番人気馬が1頭連対していますが、
その他の連対馬は16頭立てで7番人気までですから、
波乱はあっても中波乱までと言えそうです。


2.脚質


逃げ 4頭
先行 8頭
差し 7頭
追込 1頭


逃げ馬が4頭、先行馬も8頭連対していますから、
基本的には、前に行く馬が有利といえそうです。


また、中山1600m芝は、スタート地点が1コーナーの引込み線にあり、
スタートして250mで最初のコーナーがあり、
しかも右回りの急カーブのため、外枠の馬は非常に不利を被ります。


1枠 2頭
2枠 5頭
3枠 3頭
4枠 3頭
5枠 1頭
6枠 4頭
7枠 1頭
8枠 1頭


上記の枠順別連対馬数で分かるように、
7~8枠の外枠は非常に不利です。


話をコース形態に戻しますが、
スタートから最初のコーナーまでの
距離が非常に短いうえに、スタートしてすぐの坂を越えると、
4コーナーから直線に向くまで延々と下り坂が続きます。


その上、ゴール前に急な上り坂が待っているため、
前後3ハロンの平均タイム前 34.6秒 後 36.3秒
でわかるように、ペースは前半がハイペース、
そのあおりで後半はかなりスローダウンします。


この展開でも逃げ、先行馬の連対が多いと言うことは、
最後の直線が310mと比較的短いためと、
ゴール前の上り坂で中段より後ろの馬も、
脚力におつりがなくなることが原因のようです。


ただし、極端な追い込み馬を除き、
中段の差し馬にももちろん注意が必要です。


3.前走


G2レース  9頭 4.3.1.1
G3レース  8頭 5.0.1.2
500万   3頭 3.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、前走の着順です。


着外は、G2レース5着、G3レース4,9着。


どのクラスかには関係なく、連対馬20頭の内12頭が前走で1着と、
非常に顕著な傾向が現れており、


特に条件戦では前走1着、
G3以上でも5着以内が連対条件です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点からは1、2番人気馬中心で、
相手も8番人気までが基本です。
脚質条件では、逃げ、先行馬中心も、差し馬も要注意です。
また外枠の7~8枠は不利です。
前走条件からは、条件戦では前走1着、
G3以上でも5着以内が連対条件です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ

SR競馬クラブ 予想家泣かせ..G1「阪神JF」の「傾向と分析」

■ 阪神11R 阪神JF G1 2歳牝馬 1600m芝「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「ジャパンCダート」の弊社予想結果は、


推奨馬6頭で1~5着のうち4頭を独占も、
なんと抜けた一頭が2着馬で、馬券はドボン<(_ _)>


◎ 6 ホッコータルマエ  3着
○ 12 ベルシャザール   1着
▲ 14 ニホンピロアワーズ 5着
△ 1 ローマンレジェンド 13着
× 4 エスポワールシチー 7着
  7 ブライトライン   4着


以下、成功後払い会員に配信した、そのレース回顧です


***  ここから


う~ん、残念!!


推奨馬6頭で1~5着のうち4頭を独占も、
なんと抜けた一頭が2着馬で、馬券はドボン<(_ _)>


せっかく、40%購入指示した、
弊社○印「ベルシャザール」が1着だったのに、


単勝1.9倍と圧倒的支持を集めた、
弊社も軸馬に推奨した◎印「ホッコータルマエ」が、
ゴール20m手前で差されて3着...


ちなみに、「ホッコータルマエ」の敗因ですが、


スローな展開にもかかわらず、
逃げた「エスポワールシチー」が、直線入って脚色が鈍り、


このため、


2番手で先行していた「ホッコータルマエ」が、
人気をかぶっていた分、幸騎手の焦りもあってか、


直線半ばで早めスパートして先頭に立った分、
後続2頭の追撃を防ぎきれなかったものです。


それにしても、2着に追い込んだ武豊騎手が恨めしいです(~_~;)


1~2着を、ズバリ◎→▲的中も、
馬券を落とした先週の「ジャパンカップ」に続き、


今週も、何故か的中馬券とは縁がありません...


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
2歳牝馬の頂上決戦G1「阪神JF」です。


その今年の有力馬は、


G2「ディリー杯2歳S」1着の「ホウライアキコ 」、
G3「ファンタジーS」2着の「モズハツコイ」、
G3「札幌2歳S」1着の「レッドリヴェール」、
G3「新潟2歳S」1着の「ハープスター」の4頭ですが、


他にも、OP特別2連勝中の「マーブルカテドラル」、
500万勝ちの「マジックタイム」「フォーエバーモア」
「ニホンピロアンバー」「アンズチャン」も怖いですし、


未勝利を卒業したばかりでも、
「インヴォーク」「ダイヤモンドハイ」や、
新馬勝ちの「ヴィンテージローズ」も煩わしく。


「1番人気馬は3頭連対と信頼度は低いですし、
3,4番人気が各3頭、8番人気が4頭も連対しており、
しかも7番人気を除き1~10番人気馬まで連対馬が出ている」


過去10年のデータからも、


今年も、一筋縄では収まらない、
予想家泣かせのレースになりそうです。


さて、今週もその「阪神JF」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「阪神JF」の分析に入ります。
分析対象は過去10年のデータです。


なお、阪神コースが7年前大改修されたため、
このレースも新コースで施行は今年が8年目、
それまでの過去データも検証し直しながら、
データ分析していきたいと思います。


1. 人気


1番人気 3回 2回
2番人気 1回 3回
3番人気 3回
4番人気 3回 1回 
5番人気 2回
6番人気 1回 1回
7番人気
8番人気 4回 1回
9番人気 1回
10番人気 1回 1回
12番人気   1回
15番人気 1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気馬は3頭連対と信頼度は低いですし、
3,4番人気が各3頭、8番人気が4頭も連対しており、
しかも7番人気を除き1~10番人気馬まで連対馬が出ていることからも、
かなり波乱含みのレースと言ってよいでしょう。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  4頭
差し  9頭
追込  6頭


差し、追い込み有利です。


改修前と改修後の前後3ハロンのラップを比較しても、


改修前 35.1-36.3
改修後 34.7-35.2


と、前半の方が後半よりややペースが速いのは、
改修前と改修後で変わりがありません。


ちなみに、改修前と改修後で数字の絶対値が
大きく異なっているのは、改修後は馬場状態が
よいせいかタイムがでやすくなっているからです。


上記のデータから言えることは、脚質傾向に関しては、
過去データは有効だと言うことです。


改修後のここ7年は特に、
差し馬、追い込み馬有利の傾向が見られます。


また、改修後の1600m芝レースは、
向こう正面の2コーナー過ぎたあたりからスタートし、
最初のコーナーまでが440mの直線ですから、
改修以前のような枠順による有利不利はありません。


そして、外回りコースを使用するため、
2つあるコーナーのカーブも緩やかで、
4コーナーを回ってからゴールまでの直線が、
改修以前より120m長い470mもあります。


しかしゴール前の急な上り坂の高低差は、
以前と変わっていません。


3.前走


G2レース  3頭 1.1.0.1
G3レース  6頭 3.1.2.0
500万   6頭 4.2.0.0
未勝利   1頭 1.0.0.0
新馬    4頭 4.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、前走の着順です。


また、前走が着外1頭の着順を並べると、


G2レース 5着


前走条件としては、500万以上では3着以内、
新馬、未勝利では1着が連対条件です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
人気の観点からは、1~10番人気まで、大きな差はありません。
また、脚質では、差し、追い込みが有利です。
前走条件としては、、500万以上では3着以内、
新馬、未勝利では1着が連対条件です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ

SR競馬クラブ 2年連続1~3着独占!!G1「ジャパンCダート」の「傾向と分析」

■ 阪神11R ジャパンCダート G1 1800mダート「傾向と分析」


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「ジャパンC」の弊社予想結果は、


1~2着をズバリ◎→▲的中も、
実質の馬連一点した相手「ゴールドシップ」が、
なんと、15着大敗で、馬券はドボン。


◎ 7 ジェンティルドンナ 1着
○ 13 ゴールドシップ   15着
▲ 9 デニムアンドルビー 2着
△ 16 ヒットザターゲット 11着
× 3 アンコイルド    8着
  4 エイシンフラッシュ 10着


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
ダート王を決めるG1「ジャパンCダート」です。


その昨年の「ジャパンCダート」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~4着独占。


◎ 10 ローマンレジェンド 4着
○ 14 ニホンピロアワーズ 1着
▲ 8 イジゲン      15着
△ 12 ワンダーアキュート 2着
× 9 ホッコータルマエ  3着
  1 ハタノヴァンクール 8着


ちなみに、一昨年の「ジャパンCダート」の弊社予想結果も、
推奨馬6頭で1~3着独占しました(^-^)


その今年の有力馬ですが、


前走が、G1「JBCクラシック」1~3着の「ホッコータルマエ」
「ワンダーアキュート」「ソリタリーキング」の3頭に、


G3「武蔵野S」1着の「ベルシャザール」と、


G3「みやこS」1~3着の「ブライトライン」「インカンテーション」
「ローマンレジェンド」の3頭、


さらには、G1「JBCスプリント」1着の「エスポワールシチー」
G1「帝王賞」1着の「ニホンピロアワーズ」の2頭を加えた、


合計8頭ですが、


G1「JBCクラシック」5着の「クリソライト」や、
G3「みやこS」4~5着の「ナイスミーチュー」「グランドシチー」、
G1「JBCレディ」1着の牝馬「メーデイア」なども、伏兵以上の存在ですから、


今年も、過去データどおり、波乱の可能性が高いです。


さて、今週もその「ジャパンCダート」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「ジャパンCダート」の分析に入ります。
なお、5年前からコース、距離ともに変更(東京2100m→阪神1800m)になったので、
今年と同じ条件で施行されたのは過去5年だけですが、
それまでの東京他開催の過去5年のデータも参考にし、分析します。


1. 人気


1番人気 8回 1回
2番人気    1回
3番人気 1回
4番人気 2回
5番人気 2回
6番人気 2回
7番人気 2回 3回 
8番人気 1回 1回
9番人気    1回 
11番人気 2回 1回
12番人気   1回
13番人気   1回


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


過去10年で1番人気は8頭連対3着1回と、信頼度はかなり高いです。
しかし2、3番人気の連対は、合計で1頭だけですし、
2桁人気も2頭連対しており、ひも荒れの波乱含みのレースです。


2.脚質


逃げ 3頭
先行 3頭
差し 6頭
追込 2頭


上記は、阪神で施行された過去5年の連対馬データですが、
差し馬がやや有利も、脚質による大きな差はありません。


スタート地点は、正面スタンド前4コーナー過ぎです。
スタートしてすぐに上り坂があり、最初の1コーナーまでの距離は303m。
ゴール前の急坂を上るのでペースはスロー、
最後の直線距離は352mで残り200mが急坂となっており、
4コーナー曲がって直線に向いてからが勝負で、
直線の上がり勝負となり、差し、追い込みが活躍しています。
なお、逃げ馬3頭の連対のうち2頭は「トランセンド」ですから、
やはり逃げ、先行馬は傑出した力がないと不利です。
なお、枠順は若干1枠が不利で、8枠が有利です。


3.馬齢


3歳馬  3頭
4歳馬  5頭
5歳馬 10頭
6歳上  2頭


5歳馬がやや抜けているものの、
馬齢による差はあまりなさそうです。


4.牡牝


牡馬 20頭
牝馬  0頭


牡馬が圧勝しています。


3.前走


G1レース  10頭 4.3.2.1
G2レース  2頭 1.1.0.0
G3レース  7頭 4.2.0.3
OP特別   1頭 1.0.0.0
1600万   1頭 1.0.0.0
海外Gレース 1頭 0.0.0.1


上記の数字は、左からクラス、
連対頭数、前走の着順です。


また、前走が着外6頭の着順を並べると、


G1レース  6着
G3レース  4、4、9着
海外Gレース 6着


連対馬の前走条件としては、重賞レースに出走していて6着以内です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点からは1番人気中心も、
紐あれで2桁人気まで要注意です。
脚質では差しやや有利も、大きな差はありません。
馬齢は、あまりこだわらなくていいです。
前走条件は、重賞レースに出走していて6着以内です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ

SR競馬クラブ 昨年は1~3着独占!!G1「ジャパンC」の「傾向と分析」

■ 東京11R ジャパンC G1 2400m芝


こんばんは
SR競馬クラブ 川城です。


さて、先週の「傾向と分析」対象レース
G1「マイルCS」の弊社予想結果は、
推奨馬6頭で1~4着の内3頭を独占も...


◎ 13 ダノンシャーク   3着
○ 4 ダイワマッジョーレ 2着
▲ 12 クラレント     11着
△ 1 コパノリチャード  4着
× 18 リアルインパクト  10着
  11 サクラゴスペル   17着


*** 以下、成功後払い会員様に配信したレース回顧です


う~ん、残念!!


推奨馬6頭で1~4着の内3頭を独占も、


「なお、人気の「トーセンラー」は、
ここずっと2000m以上の距離を使ってきただけに、
2400mの前走から一気に800m短縮の1600mでは、
やはりペースに戸惑うはずで、思い切って消します。」


と、消した「トーセンラー」が1着で、馬券はドボン...


それにしても、4番人気にもかかわらず、
ズバリ自信の○印を打った「ダイワマッジョーレ」が、
2着に入っただけに、


軸馬「ダノンシャーク」との馬連 1,090円を落としたのは、
30%購入指示していただけに、悔しいです(~_~;)


*** ここまで


さて、今週の「傾向と分析」対象レースは、
海外の強豪を迎え撃つG1「ジャパンC」です。


その昨年の「ジャパンC」の弊社予想結果は、推奨馬6頭で1~3着独占。


◎ 17 オルフェーヴル   2着  
○ 4 フェノーメノ    5着
▲ 15 ジェンティルドンナ 1着
△ 13 ルーラーシップ   3着
× 8 エイシンフラッシュ 9着
  14 ソレミア      13着


その今年の「ジャパンC」の有力馬ですが、


今年はメンバーが小粒ですが、


その中から有力馬をあげれば、
G1「天皇賞」2~4、5着の「ジェンティルドンナ」「エイシンフラッシュ」
「アンコイルド」「ナカヤマナイト」の4頭ですが、


過去10年の連対馬のデータでも、
連対馬は1~6番人気で95%を占めており、


データからは、上記4頭で1~2着が決まる公算が大ですが、


メンバーが小粒だけに、波乱要素も十分で、
今年は、過去データどおりには収まらない可能性も。


そんな伏兵候補筆頭は、
前走のG2「京都大賞典」5着からの巻き返しを図る
「ゴールドシップ」ですが、


他にも、G1「エリザベス女王杯」5着からの巻き返しを図る
「デニムアンドルビー」や、
G1「宝塚記念」4着の「ウインバリアシオン」の3頭も怖いです。


さて、今週もその「ジャパンC」の成功後払い予想会員を、
下記のとおり募集いたします。


お申し込みは → 成功後払い申し込みフォーム


☆ 条件は、


・情報料は、 2千円 です。
・情報料は、馬券が的中し、しかも配当金が投資資金
(元金)の 3倍以上になった場合にのみいただきます。
・情報料2千円は、馬券が的中し、上記の結果がでた場合
 の成功後払いです。振込先は、後日お知らせいたします。
・予想情報は、レース前日の20~23時頃にメールで配信
 します。
・配信先は携帯アドレスにも可能です。
(ただし、info@sr-keiba.com に、
必ず受信許可設定をしておいてください)


前置きはこのくらいにして、「ジャパンC」の現在の施行条件の
過去10年の連対馬データをチェックしましょう。


1. 人気


1番人気 6回 3回
2番人気 4回 2回
3番人気 2回 1回
4番人気 3回
5番人気 3回
6番人気 1回 1回
7番人気    1回
8番人気    1回
9番人気 1回
14番人気   1回 


上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。


1番人気は6頭連対と、60%の連対率ですが、
3着にも3頭入っており軸馬には最適です。
また、連対馬は6番人気までで19頭と、95%を占めています。
さすが東京コースの2400m戦、フロックでは勝てないですね。


2.脚質


逃げ  1頭
先行  9頭
差し  9頭
追込  1頭


先行、差し馬が中心です。


さすがにハイレベルなレースだけあって、
2400mという長距離走の割りにペースも速く、
逃げ粘るのも困難ですが、後方一気の追い込みも届きづらく、
先行、中段までの位置でレースを進められる馬でないと、
なかなか連対は難しいです。


東京2400mは、正面スタンド前からスタートし、
最初のコーナーまで400mの直線で、
その間に各馬のポジションが決まるので、
枠順の有利不利はありません。
おまけに、4コーナー回っての直線勝負も、
500mとたっぷりと距離があるだけに、
フロックでは勝てないコース形態です。


3.馬齢


3歳馬  6頭
4歳馬  8頭
5歳馬  4頭
6歳上  2頭


3~5歳馬は互角です。


4.牡牝


牡馬 16頭
牝馬  4頭


過去10年で牝馬の連対は4頭だけですが、
ここ4年連続で連対しています。


3.前走


G1レース  18頭 6.4.1.7
G2レース  2頭 2.0.0.0


上記の数字は、左からクラス、連対頭数、前走の着順です。


また、前走が着外7頭の着順を並べると、


G1レース 4,4,4,4,5,6,6着


前走条件としては、悪くともG1で6着以内、G2では1着です。


◆ 結論


以上の分析から、連対可能馬の条件は、
まず、人気の観点からは1番人気中心で、
6番人気までに的を絞るのが基本です。
脚質では先行、差しが有利で、
極端な逃げ、追い込みは大幅割引が必要です。
馬齢は3~5歳馬は互角です。
また、牝馬も要注意です。
前走条件は、G2レースなら1着、G1レースでは6着以内です。


■ SR競馬クラブ


メールアドレス:info@sr-keiba.com
ホームページ :競馬予想なら的中率50%のSR競馬クラブ

フリーエリア

ブックマーク登録ボタン(ヤフー、グーグル、はてな) ↓
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク 

RSS登録ボタン ↓
My Yahoo!に追加
Add to Google

最近の記事

プロフィール

srkeibakawasiro

Author:srkeibakawasiro
SR競馬クラブ:
SR競馬クラブの ★ SR ★ は何の略称なのって、よく聞かれます。
実は、三冠馬 皇帝「シンボリルドルフ」の頭文字なんです(^o^)丿
歳がバレちゃいますかね(~_~;) 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。